watchOS 2

Apple Watchの新OS「watchOS 2」が発表されました。

watchOS 2はネイティブアプリが動作可能 watchOS 2はApple Watch専用のネイティブアプリを動作することが可能になりました。よってApple Watchがもつ、加速度センサー、スピーカー、マイク、オーディオ、ビデオといった様々なセンサーや機能を扱うことができるアプリがこれから続々と登場します。

watchOS 2は新しい文字盤を追加 新しい文字盤も用意されています。

watchOS 2はナイトスタンドモードが搭載 充電中も時計が表示されるナイトスタンドモードが追加されました。

watchOS 2のタイムトラベル機能 昨日、今日の出来事を確認できるタイムトラベル機能が追加されました。明日の天気やスケジュール、見逃していたニュースなどもデジタルクラウンを回すだけで確認できます。

watchOS 2はより沢山の友達を追加できます。 より沢山の友達が追加できるようになりました。

watchOS 2は色分けしたスケッチを描けるようになりました。 デジタルタッチは、色分けしたスケッチを描けるようになりました。

watchOS 2はSiriが進化しています。 Siriも進化します。グランスのチェックや交通機関のチェック、辞書で単語を調べるなども声で操作できます。

watchOS 2はマップ機能も進化。 マップ機能も進化し、交通機関を使ったルートや、時刻表までチェック出来ます。

watchOS 2のリリースは今秋となります。 開発者用のβ版の提供は今日から、正式リリースは今秋となります。

あとがき

するぷ

早くも新OS投入かよ!と思いましたが、やはりネイティブアプリを作れるようになったのは嬉しいですね。

スクエア型のiPod nanoが登場して以来、コンパクトなデバイスのアプリを作ってみたかったですから。

いくつかアイデアはあるんですが、さぁて何作ろうか。