Photo by : mrhayata

ドコモが、「今後、iPadを含め、さまざまな魅力的な端末を当社のネットワークで利用いただけるよう取り組んでいく」とコメントしたそうです。

本当に頑張って欲しいなぁ。

iPadのSIMロックフリー版の国内登場を想定し、micro SIMカードの提供に意欲を見せていたNTTドコモでは、ソフトバンクモバイルがiPadを販売することを受け、「アップルから5月28日に発売される『iPad』のWi-Fi+3G版についてはSIMロックが施され、当社のSIMカードが利用できないことを確認した。今後、iPadを含め、さまざまな魅力的な端末を当社のネットワークで利用いただけるよう取り組んでいく」とコメント。同社では5月18日に夏モデル発表会を開催する方針を明らかにしており、その場で何らかの説明が行われる可能性もある。

引用元:アップルの「iPad」、国内モデルは全てSIMロックあり - ケータイ Watch

SIMロック作戦が、見事に功を奏した形になってますなー。ソフトバンクにとっては。


ただ、ソフトバンクが、このiPad SIMロック化でAppleになんらかの支払いをしているとしたら、今年から基地局倍増計画をすすめるようですし、ドコモとタメはるだけの電波網を築けたなら、もしかしたらiPadはSIMフリー化になるかもしれません。


また次の第2世代iPadで、もう一戦争起こるかもしれないですし。


とりあえず、孫社長にはiPadをSIMロック化したのなら電波強化をしっかり頑張ってほしいですねー。


ドコモであろうが、ソフトバンクであろうが、キッチリ電波がつながるSIMに誰も文句はいわないでしょうから。


ちなみに、iPad 3G本日予約してきますた