iPhone 6s

Photo by: 9to5Mac

あと2日と迫った「iPhone 6s」ですが、そこに搭載される感圧タッチは、Apple WatchとMacBookとは、ひと味違うものになるそうです。

iPhone 6sの感圧タッチは、Apple Watch、MacBookとはひと味違う。

While the MacBook trackpads and Apple Watch act on two levels of pressure, the differentiation between a tap and a press, the new iPhones will actually differentiate and unique act upon three levels of pressure: a tap, a press, and a deeper press, according to sources. The 3D Touch name is therefore derived from the new Force Touch sensor’s ability to sense three dimensions of pressure, rather than just two. This opens up the door to new user-interface tricks, such as shortcut gestures across the iPhone 6s version of iOS 9.

引用元:iPhone 6s to have ‘3D Touch’ three-level, next-gen Force Touch interface | 9to5Mac

Apple WatchとMacBookは、タップ(軽く叩く)、プレス(押す)の2動作を認識するものでしたが、iPhone 6sの感圧タッチはもう一つ「ディープ・プレス」(深く押す)を感知するセンサーが追加されているとのこと。

新MacBookの感圧タッチには、物理的なボタンがないのに押し心地がある長押しボタンがありましたが、それはプレスだったのですね。もちろんApple Watchにもありました。



iPhone 6sの感圧タッチ、アプリ開発者としても見逃せないものになりそうです。