「Google Voice」、iPhoneでも使えるようにウェブアプリとして提供へ。

アメリカのお上が動くまでの騒動に発展した、お騒がせアプリ「Google Voice」ですが、今度はウェブアプリとして、iPhoneでも使えるように作り直す計画があるそうです。

Googleはすでに、Google Voiceアプリケーションの代替の準備を進めていると述べている。この代替は、「iPhone」に特化したウェブページという形態になることを除けば、Appleに拒否された同アプリケーションと全く同じ機能を提供する。代替品は、どの点から見ても、Google Voiceアプリケーションができただろうことと全く同じように動作する。iPhoneのホーム画面にアイコンとしてインストールすることさえ可能だ。

グーグル、iPhone向け「Google Voice」をウェブアプリとして提供へ--New York Times報道:ニュース - CNET Japan

ウェブアプリで使えるってことは、3G回線で繋げてもバッチリになってしまうんでしょうか?


もし仮にこれが使えるようになったとしたら、パケットは莫大なものになりそうな気がするんですが、AT&Tや、そして日本のソフトバンクは大丈夫なんでしょうか・・・。


もちろんGoogleアンドロイドでも提供されるだろうから、ドコモとかもどうすんだろう・・・。


Google Voiceが使えるようになったら、わざわざ金のかかるiPhone純正の電話機能も使う事もなくなるだろうし、相反してパケットは青天井に増していくだろうし・・・。


"※ Google Voiceだけパケット代別途かかります。"


な〜んて記述が将来マジでiPhoneの説明書とかパンフレットとかに書かれそうで心配だなぁ・・・


関連:App Storeが承諾を却下して話題になった「Google Voice」って結局どんなアプリなのか? | 和洋風◎