Photo by : Apple

先日、iPhone 4の価格料金プランが発表されました。
公式で発表された内容を自分なりにまとめてみましたので、ご参考に。

iPhone 4の料金プランは2通り。

iPhone 4 料金プラン

といった具合に、パケット定額の「バリュープログラム(i)」と、1029円を最低ラインとし、12,250パケットを起点に課金され、71,250パケットからどれだけ使っても最大4,410円の「標準プライスプラン」の2種類です。


違いは二つで、バリュープログラムは月月割が-1920円、標準プライスプランは-1440円と480円分、バリュープログラムが割引高が高くなっています。


iPadの時と違って両方のプランともfonが当たると聞いていますので、この二つのプランの差は、480円分の月月割額と、上で説明したようにパケット定額の仕組みが違うということになります。


いまiPhoneを使っている方は、請求書にパケット料が書いてあるので、どのくらいパケットを使ってるか見定めた上で、どのプランを選択するとよいでしょう。


おいらは、iPad 3Gをメインに使うと思うので、今のところ「標準プライスプラン」にしようかなぁと思っとります。

iPhone 4の一括価格は?

バリュープログラム(i) iPhone 4


標準プライスプラン iPhone 4

とまぁここに書いてあるとおり、バリュープログラムで買っても、標準プライスプランで買っても、iPhone 4 32GBは57,600円、16GBは46,080円となります。


また、ソフトバンク直営店に電話で訪ねたところ、iPhone 4へ新規契約、機種変更に関わらずこの金額になるそうです。


そして、またiPhone 4を一括で買っても月月割分ちゃんと毎月の請求額から割引されるともいってました。

iPhone 4を分割で買った場合の月々の支払はどうなる?

バリュープログラム(i) iPhone 4


標準プライスプラン iPhone 4

とまぁここに書いてあるとおり、バリュープログラムは32GBだったら6,185円〜、16GBだったら5,705円〜となってます。


標準プライスプランは、32GBが、3,380円〜、16GBが2,900円〜となります。


というわけで、この金額が最低ラインでこっから、電話代や、前回のiPhoneの割賦金が加算され、月々の支払料金が決定するわけです。(この数字だけで見る両プランの差は2,805円ということになりますね。)


ここらへんは、本当に自分がどれだけiPhone 4でネットするかどうかによるでしょう。あまり使わないなら標準プライスプランが妥当な気がしますが、iPhone 4のパケット食いは異常ですからねー(;´∀`)


ちなみに、おいら3月のiPhoneのパケット量は、200万パケットを超えており、標準プライスプランの上限71,250パケットなんて、あっちゅーまに超えてしまうやうな・・・。

さいごに。

というわけで、ソフトバンクが公式に発表したiPhone 4の価格と料金プランのまとめはこんな感じですね。


僕が、この料金プランに感じた疑問は、(iPhone for everybody.の2年契約中でも違約金無しなのかとか)「【追記】ソフトバンクにiPhone 4の機種変更時の価格等、浮かんだ疑問を電話で聞いてみた。 | 和洋風◎
」でまとめていますので、ぜひそちらもご参考に。


なお、間違っているところなど、誤字脱字などありましたら、コメントにて教えてもらえると助かりますー。