NTTドコモとKDDI(au)とソフトバンク

auがソフトバンクを追随し、契約3年目以降に契約解除料が発生しない料金プランを発表しました。

というわけで、金額がどのくらい違うのか比較した表を作って見ました。

ソフトバンク新料金プラン通常の料金プラン
スマ放題通話し放題プラン3,000円2,700円
通話し放題プラン(ケータイ)2,500円2,200円
スマ放題ライト通話し放題ライトプラン2,000円1,700円
au新料金プラン通常の料金プラン
4G LTEスマートフォンスーパーカケホ(電話カケ放題プランS)2,000円1,700円
カケホ(電話カケ放題プラン)3,000円2,700円
4G LTE ケータイカケホ(電話カケ放題プラン (VK))2,500円2,200円
3Gスマートフォン
3Gケータイ
カケホ(電話カケ放題プラン (ケータイ))
(電話カケ放題プラン (ケータイ・データ付))
2,500円2,200円

このように表にすると分かり易いですが、au、ソフトバンクともに一月、300円の差があり、2年分(24か月分)の差額は、どの料金プランも7,200円となります。

ちなみに両社とも契約解除料は、9,500円。差額は2,300円。

3年目以降に確実にMNPをするならば新料金プランを試した方がお得感がありますが、わからないならばちょっと微妙感もありますね。

また、2年契約の更新期間を両社とも1ヶ月から2ヶ月に延長していますし、提供日も両社とも同じ日の2016年6月1日からとしています。

まぁドコモも追随してくるでしょうね。公開され次第ここに追記したいと思います。