赤ちゃん

「チャラリー!鼻から牛乳!」

懐かしいですね。どうも嘉門達夫( @isloop )です。

iPhoneにケーブルを差し込んでも、iPhone/iPadが全く充電できない時ってたまにあります。

大体、そんな時は、もう一度差しなおせば充電できますが、何度差しなおしても充電できない時もあります。

今日はそんな時のための対処方法を7つまとめてみました。

「iPhone買い直し・・・?」ざわざわする前に是非試してみましょう。

1.iPhone/iPadを再起動する。

まぁ基本ですね。ケーブルを外し、電源ボタンとホームボタンを長押しして、iPhoneを再起動し、もう一度接続してみましょう。

2.Mac/PCを再起動する。

パソコンで充電してる場合ですが、パソコンを再起動することで充電できることがあります。

Windowsは、ctrl + alt + del。Macは、command + control + 電源ボタンで再起動出来ます。

3.Apple純正ケーブルを使用する。

社外品を使っている人は純正品で試してみて下さい。

使っているMFiライセンスがあるLightningケーブルだったらその必要はないかもしれませんが、激安ケーブルを使っている場合は一刻も早く純正で試してみましょう。

4.Apple純正のコンセント越しに充電してみる。

Mac/PCのUSB経由だと電力不足の可能性もあります。そんな時はiPhone/iPadに付録されている純正コンセント越しに充電してみてください。

5.iPhone/iPadのLightning端子をふいてみる。

僕の場合、1〜4まで試してもダメだったので直接iPhoneのLightning端子をタオルで拭いてみたところ治りました。(綿棒だともっとよさげ。)

もしやホコリかなにかが噛んでたのかもしれませんね。

ただこれだと物理的に端子を触ることになるので物理的な故障に繋がるかも知れません。試す場合は自己責任で。

6.iPhone/iPadを復元する。

ここまでやっても上手くいかない場合は最終手段ですがiPhone/iPadの復元を行ってみましょう。

もちろんですが、きちんとバックアップを取っていないと工場出荷状態から再スタートとなってしまうので注意が必要です。

7.それでもiPhone/iPadが充電できなかったらAppleへ。

それでも治らなかったら高確率でiPhone/iPadが物理的に壊れています。

近所にApple Storeがあればジーニアスバーに予約し、なければAppleのオンライン修理サービスに駆け込みましょう。

どうでしたか?iPhone/iPadが充電できましたか?

するぷ

iPhone/iPadはその美しいデザインと引き替えに電池が交換できないので電池が壊れてしまうとなかなかやっかいです。

というわけで、電源ケーブルは純正品を使うか、MFi公認ケーブルを使うようにしましょう。安かろうは悪かろう。その場は安くても結局それよりお金がかかってしまったら本末転倒ですから。

ちなみにするぷオススメのケーブルはこれ↓↓

【関連】安い!短い!壊れにくい!Amazonのライトニングケーブル(10cm)がなかなかイイ仕事をしておる!

Photo by: Donnie Ray Jones