iMac

本日突如発表されたiMac Pro

まさかのスペースグレーカラーと、Xeonプロセッサを搭載となかなか驚くべきマシンとなっていましたね。

一体他のiMacとどのくらい違うものなのか比較したいので一目で比較できる表を作ってみました。

これからiMacをチョイスする上で参考になればこれ幸い。

iMac Proと他のiMacのスペックと価格を比較できる表。

iMac Pro。最大18コアのXeonプロセッサを内蔵し、ストレージは最大4TBだったりと、なかなかの化け物っぷりを見せています。

さらに、これだけのスペックを誇りながら10kgを下回る軽さと、スタイリッシュなスペースグレーに身を包んでいるというのは・・・。

価格も化け物クラスだけに、なかなか食指が動かない人が多数でしょうが、これ一台あったら向こう5年はコンピュータのスペックに困ることはなさそうな気がしますね。

iMaciMac ProiMac 5KiMaciMac 4K
インチ27インチ21.5インチ
RetinaRetina 5Kディスプレイ-Retina 4Kディスプレイ
解像度5,120 x 2,8801,920 x 1,0804,096 x 2,304
チップ8/10/18コアXeonプロセッサ、最大4.5GHzのTurbo Boost、最大42MBのキャッシュ3.4GHz(Turbo Boost最大3.8GHz) / 3.5GHz(Turbo Boost最大4.1GHz)/ 3.8GHz(Turbo Boost最大4.2GHz)クアッドコアIntel Core i5 or 4.2GHzクアッドコア Intel Core i7(Turbo Boost最大4.5GHz)2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ、最大3.6GHzのTurbo Boost3.0GHz / 3.4GHzクアッドコアIntel Core i5 or 3.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ、最大4.2GHzのTurbo Boost
メモリ8GB / 16GBの高帯域幅メモリ8GB / 32GB / 64GB8GB / 16GB8GB / 16GB / 32GB
ストレージ3GB/sのスループットの最大4TBのSSD1TB/2TB Fusion Drive or 256GB/512GB/1TB SSD 1TBのHDDもしくはFusion Drive、256GBのSSD1TBのHDDもしくはFusion Drive、256GB/512GB/1TBのSSD
グラフィックRadeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサ(8GB HBM2メモリ) / Radeon Pro Vega 64グラフフィックプロセッサ(16GB HBM2メモリ)Radeon Pro 570/575/580(4GB/8GB VRAM搭載)Intel Iris Plus Graphics 640Radeon Pro 555(2GB VRAM搭載)またはRadeon Pro 560(4GB VRAM搭載)
Thunderbolt「Thunderbolt 3」ポートを4つ搭載「Thunderbolt 3」ポートを2つ搭載
USB「USB 3」ポートを4つ搭載
ギガビットEthernet
SDXCカードスロット
Facetime HDカメラ
Wi-Fi802.11ac / IEEE 802.11a/b/g/n802.11ac
Bluetooth4.2
幅(cm)65.052.8
奥行き(cm)20.317.5
高さ(cm)51.645.0
重さ(kg)9.79.445.66
カラースペースグレーシルバー
価格(税別)558,000円
(フルスペックは1,460,800円)
164,800円120,800円142,800円
購入先iMac ProiMac 5KiMaciMac 4K

※ 注目すべき点は赤くしています。

iMac Proはやっぱり価格だよなぁ。

iMac Proの最大のネックは価格でしょう。その価格たるや、55万8,000円(フルスペックは146万800円)です。

最近のコンピュータでは聞いたことがないくらいの値段です。まあ、Mac ProにApple純正の5Kのディスプレイが付いてくると考えるとそのくらいの値段になりそうですが、こりゃもう名前の通り、完全なるプロ用と言えますね。

ただ、価格を伏せて、スペースグレーのiMacがデスクに鎮座しているのを想像するとなかなかにニヤけてしまう光景を想像してしまいますね。これだけのスペックがあれば向こう数年はコンピュータを買い換える必要はないでしょうし。

いやまぁ、もしかしたら自分に喝を入れるために買うのはアリかもしれませんね。これだけの投資をしてしまったら、このiMacを活用せざるを得ないでしょうし。(笑)

というわけで、自分のケツを叩きたい方は一度検討して見てはいかがでしょうか?(ぇ

ちなみに、macOS High Sierraの新機能についてはココでまとめていますし、iMac Proについてはココでまとめていますので、ぜひ参考に。