Safari for Macのプライベートブラウズ機能のタイトル

家族といえど、自分のブラウザの履歴などは見られたくないもの。そんな時に便利なのが「プライベートブラウズ」機能です。


これをオンにしてブラウズすると、ウェブ履歴・検索履歴・自動入力情報がMacに記憶されないので貴方のプライベートを守ることができます。

Safari for Macのプライベートブラウズモードの使い方。

Private browze mode safari 01

別に難しいことはなにもありません。まずSafariを立ち上げて、メニューバーのSafariをクリックし、プライベートブラウズをクリックしてみてください。


Private browze mode safari 00
するとこんなアラートが出るのでOKをクリックします。


Private browze mode safari 02
するとアドレスバーの右端にプライベートと表示されプライベートブラウズがオンになります。これがオンになっている間は、ウェブ履歴・検索履歴・自動入力情報がMacに記憶されません。


Private browze mode safari 03
ちなみに元に戻す時はアドレスバーのプライベートボタンをクリックすれば元に戻ります。

プライベートブラウズをショートカットキーでオンにしよう。

結構便利なプライベートブラウズ機能ですが、デフォだとショートカットキーでオンに出来ません。


というわけでプライベートブラウズ機能をショートカットキーでオンにする方法を書いてみたいと思います。


Private browze mode safari 04
メニューバーのAppleマークをクリックして、システム環境設定をクリックします。


Private browze mode safari 05
キーボードをクリックします。


Screenshot 2013 01 01 21 26 18 3
左のメニューのアプリケーションをクリックして、+ボタンをクリックします。


Private browze mode safari 08
アプリケーションはSafari、メニュータイトルはプライベートブラウズ、キーボードショートカットは「command + option + P」として追加ボタンをクリックしましょう。(※ キーボードショートカットは他とかぶらないように注意


Private browze mode safari 02
早速、Safari上で「command + option + P」と打ってみましょう。プライベートブラウズがオンになるはずです。

プライベートブラウズで安全安心なブラウジングを!

正月ということで、家族と楽しくブラウジングという機会も多いと思います。


しかし、そんな時に不意に履歴や検索履歴を見られて、元気玉をくらっても生きてたフリーザを発見したクリリンみたいに「あっ・・・あっ・・・!」という反応になってしまわないように、プライベートブラウズ機能をぜひ活用してみてください!


ちなみに、iPhoneやiPad版のSafariにもプライベートブラウズ機能はあります。