Google Chrome

Photo: stshank

まいど!するぷ( @isloop )です!


ちょっと前にこんな記事を書きました。


メインブラウザをChromeからSafariに変えた8つの理由


メインブラウザをSafariにする理由をこんこんと書いたのですが、Safariに移ってからたまにChromeを触ると「こんなに速かったのか!Google Chrome!」と驚くことがあります。

常に更新・改良されるGoogle Chromeが羨ましい。

Safariは、そんなにアップデートされることはありません。


しかし、Google Chromeは常に更新・改良され続けます。しかも、裏で自動的にです。こないだもGoogle Chromeはバージョン24になり更に速くなりました。


Safari6が出たての頃は、SafariとChromeの速度はそんなに変わらないと思っていましたが、今たまにChromeを使ってみると「なんて快適なんだ!Google Chrome!」と驚くことが多々あります。


特に感じるのは、表示速度。


これはたぶんある程度Safariを使っている人ならハッキリとわかるくらいChromeが速いです。あとChartbeatを別タブで表示させていてもChromeならスラスラ処理してくれます。(Safariだとよく固まる)


あまりに快適なので、Chromeに戻っちゃおうかなぁと思うこともしばしば。


うーん。この辺はSafariも見習って常に改良してほしいなぁ。


たぶんMacを使っている人が一番使うアプリはブラウザでしょうし、ユーザーエクスペリエンスを向上させるなら、標準ブラウザのSafariを改良するというのはイコールMac全体の利便性を向上させることだと思うんだけどなぁ。。


あ、そうそう。


もう一つ思うのが、Chromeのソースコードや要素の検証の表示速度がもの凄く速いことも、たまに戻りたくなる大きな要因の1つですな。


これはSafariが遅すぎるとも言えますが。


わざわざ開発メニューをデフォルトでは消しているくらいなので、ここにそんなに力をいれていないのかもしれませんが、なんとかして欲しいなぁ。これは勝負にならんくらいChromeが速いので、、、