AppleInsider によると、米国の4月のエレクトロニクス製品の売上の9.7%を米Appleが手助けした形になったそうです。

まぁ100万台も売れてんだもんなぁ。iPad。

100万台売り上げたばかりのiPadや新MacBook Proなどがその要因だとか。(ちなみに、この4月の集計にiPad 3Gは含まれていません。)


エレクトロニクス商品の9.7%という数字がどれだけ大きなものなのか分かりませんが、Appleがとにかく破竹の勢いであるということはわかりますなー。


さらにまた、ジョブズは今年中にいくつかの新製品をリリースすると宣言していますし、どんな製品が飛び出すかワクワクしてきます。


なんとなく、iPodの新作が出そうな気がするんですけどねー。もう手持ちのiPod videoもバッテリーが死んだも同然状態になっているので、そろそろ買え換え時なんですよねー。


またMacBook Airの新製品も楽しみにしたいところですし・・・。


ああ!どうしてApple信者になってしまったんだろう! 財布を見るのがトラウマになるぜっ!