iPhone X

ついに来たる、iPhone X。

買うのは決めてるけど、実は新機能を把握しきれてない。」という人は、結構多いんじゃないでしょうか。

というわけで、今回あらためてiPhone Xの新機能をまとめてみました。

これから購入する人の参考になればこれ幸い。

iPhone Xの液晶は、iPhone史上最も大きな液晶「Super Retina display」。

iPhone Xはホームボタンがなくなり、表面のほぼ全てがディスプレイになっています。

ここで声を大にしていっておきたい。

iPhone XとiPhone 8はほぼ同じ大きさです。

ですが、iPhone史上最も大きい5.8インチのSuper Retina displayを搭載しているのです。

iPhone XiPhone8iPhone 8 Plus
インチ5.84.75.5
解像度2,436 x 1,1251,334 x 7501,920 x 1,080
ppi458ppi326ppi401ppi
コントラスト比1,000,000:11,400:11,300:1
幅 (mm)70.967.378.1
厚さ (mm)7.77.37.5
高さ (mm)143.6138.4158.4
重さ (g)174148202

また、iPhone Xは、有機ELディスプレイが採用し、フロントカメラが液晶にめり込むような、これまでにないデザインになっています。

iPhone Xのデザイン。

Appleは、このように謳っています。

正確で目を奪う色彩。真の黒。高い輝度。1,000,000:1のコントラスト比。iPhoneにふさわしい基準に初めて到達したOLEDスクリーンです。

引用元:iPhone X - Apple(日本)

※ OLEDスクリーンとは有機ELディスプレイを指します。

発売してから10年の歴史を持つiPhoneですが、ここまで大きく「顔」が変わったことはありません。

するぷ

iPhone 8と同等サイズながらiPhone 8 Plusよりも大きなディスプレイ。

今まで画面が大きくなればなるほど操作性が低くなってしまいましたが、iPhone Xはそこを初めて解決すると思っています。

iPhone Xからロック解除は「指紋」から「顔」へ。Face ID。

ロックの解除は、「指紋」から「顔」へ。

iPhone Xは、新機能「Face ID」により、顔をパスワードとすることが可能になりました。

iPhone XのFace ID

その精度は指紋よりも圧倒的に高く、Touch IDが5万回に1回とするなら、Face IDは100万回に1回しか認証を誤らないとAppleは宣言しています。

Face IDの誤認証率。

また、指紋なら睡眠時にロックを解除されてしまうリスクがありますが、顔認証はちゃんと起きていないとロックが解除できないとのこと。

するぷ

指紋認証だと、指が濡れているときに認証失敗することが多々ありましたが、顔認証ならば、そんなことはなくなると思うと、だいぶ楽になるんじゃないかと思っています。

iPhone Xは自撮りが捗る。フロントカメラでもポートレートモードが使える。

iPhone Xのフロントカメラ(TrueDepthカメラ)はすごい。

iPhone Xのフロントカメラ(TrueDepthカメラ)

なんと、iPhone Xのフロントカメラは、ポートレートモードが使えます。

iPhone 8 Plusもポートレートモードが使えますが、それはリアカメラのみ。

つまり、自撮り性能がめちゃくちゃ高いというわけですね。

ちなみに、ポートレートモードは何かというと、一眼レフで撮ったような背景をぼかした写真をとれる機能。

iPhone Xのポートレート機能。

これまで以上に綺麗な自撮りが撮れることでしょう。もちろん、プロ並みの照明エフェクトが当てられるポートレートライティング機能も搭載しています。

するぷ

iPhone Xはもしかしたら男性より女性の方が人気になるかもしれないなぁ。インスタ映えがiPhone Xの売り上げを左右する?

iPhone Xは自分の表情を可愛く相手に届けられる。アニ文字。

Face IDの技術により、自分の顔の表情を読み取り、それをアニメと同化させて相手に送ることができる、「アニ文字」機能を搭載しています。

iPhone Xのアニ文字。

Appleの絵文字ってあまりかわいいイメージがなかったですが、アニ文字は結構可愛めのものが多い印象。

するぷ

ただし、当分はiMessagesだけでしょうね。LINEとかでも使えたらデカイけどそれは当分ないだろうなぁ・・・。多分・・・。

iPhone XのリアカメラはPlusを超える。

iPhone XとiPhone 8はほぼ同じサイズですが、iPhone XはiPhone 8 Plusと同等以上のカメラを搭載しています。

iPhone Xのリアカメラ。

もちろんデュアルレンズ。従来の横置きから縦置きになっています。

名前iPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8
リアカメラ(画素)1,200万(広角と望遠のデュアルレンズ)1,200万
リアカメラ(F値)広角:ƒ/1.8/望遠:ƒ/2.4広角:ƒ/1.8/望遠:ƒ/2.8ƒ/1.8
リアカメラ(ズーム)光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム5倍のデジタルズーム

さらに、iPhone XはデュアルOISを搭載することで、少し暗めの場所でも綺麗に写真を撮ることができるとのこと。(iPhone8シリーズはOISが搭載。)

※ もちろんフロントと同様リアカメラにも、ポートレートモードとポートレートライティング機能がついています。

するぷ

iPhone 8と同サイズにも関わらず、iPhone 8 Plusと同等以上のカメラ性能を備えているのというのは、購入するにはかなり太い理由の一つになると思ってます。

4Kビデオ撮影が60fpsに対応。

iPhone Xは4Kビデオ撮影が機能強化され60fpsに対応。さらに、24/30/60fpsいずれでとるかをチョイスできるようになっています。

また、スローモーション撮影もFull HDで120/240fpsのいずれかをチョイスできるようになっています。

iPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8
4Kビデオ(fps)24fps、30fpsまたは60fps
1,080p HDビデオ撮影(fps)30〜60
720p HDビデオ撮影(fps)30
スローモーションビデオ1080p(120fps)または720p(240fps)
ビデオズーム光学ズーム、6倍デジタルズーム光学ズーム
ビデオの再生ズーム

ちなみに、iPhone 8シリーズも可能です。

するぷ

シン・ゴジラはiPhoneで撮影された部分がかなりあるというのは有名な話ですが、これからどんどん増えそうですね。YouTubeで品質の高い映像が急に増え出すかもしれない。

ワイヤレス充電。

コードだらけのデスクともおさらば。iPhone Xはワイヤレス充電機能を備えています。

iPhone Xのワイヤレス充電。

ただし、ワイヤレス充電器は別売りとなっており、付録はされません。(Apple純正品の発売は来年になるとのこと。)

しかしながら、Qiという規格を採用しているので、他社製のQi充電器が使えます。

ちなみに、iPhone8シリーズでもワイヤレス充電は可能です。

するぷ

今狙っているのは、2,000円以下で購入できるAnkerのQi充電器。

空港などの公共施設でも充電できるようになるとAppleは説明していますが、Qiがそこら中で利用できるようになるといいですね。スタバさん、ルノアールさん特にお願いします。

iPhone Xの超頭脳。A11 Bionic。

iPhone Xは、合計6コアのA11 Bionicチップを搭載。

その性能は先代であるiPhone 7のA10 Fusionよりも70%+25%高速化しているとのこと。

A11 BIONIC

さらに3コアの新しいGPUは、7よりも最大30%高速化されています。ゲームをしている人は特に違いがわかるかもしれませんね。

ちなみに、このチップはiPhone 8シリーズにも同じものが搭載されています。

するぷ

iOS11にしてから動作がモッサリしてイライラしている人は特に注目です。やはり速いに越したことはない。

iPhone Xは、7よりも最大2時間バッテリーが持つ。

新しいパフォーマンスコントローラとバッテリー設計により、バッテリー駆動時間がiPhone 7よりも最大2時間持つようになっています。

ちなみに、iPhone 8シリーズと比べてみると、iPhone XとiPhone 8は同じ駆動時間となっており、筐体がでかい分iPhone 8 Plusの方が1時間ほど長くなっています。

バッテリー駆動時間比較iPhone XiPhone 8iPhone 8 Plus
バッテリー(ネット使用)12時間13時間
バッテリー(動画視聴)13時間14時間
バッテリー(音楽視聴)60時間40時間60時間
するぷ

ここまでバッテリーが持つようになってくると、逆に充電を忘れることが増えるかもしれないなぁ。(笑)

30分の充電で最大50%の充電が可能に。

iPhone Xは、高速充電に対応したことで、たった30分で最大50%の充電が可能に。iPhone 8シリーズも可能に。

するぷ

ここまで早いと例え充電を忘れても、携帯電話会社に行ってちょっと充電しとけばなんとかなることが増えそう。

iPhone Xのためのジェスチャーが搭載。

ホームボタンがなくなった分、iPhone Xのためのジェスチャーが搭載されています。

一本の指だけでアプリを切り替えれたりします。

Summary of iphone x new functions10

実際に切り替えている動画がTwitterにアップされていますがこれは見ているだけで気持ちがいい!

【iPhone X】気持ちいい・・・!スワイプでアプリをスムーズに切り替える様を撮った動画。

するぷ

iPhone Xのアプリウインドウって上が凹んでるとおもってたけど、そうじゃなくて一応四角なんだなぁ。(笑)

iPhone XのLTEの通信速度はより高速に。Band 42。

iPhone Xは、Band 42に対応したことで最大800Mbpsまでのスピードを出すことが可能になっています。

ちなみに先代の、iPhone 7は最大450Mbps。2倍近く上限が増えていることになります。

iPhone 8シリーズもバンド42に対応しています。

するぷ

速くなってるのは嬉しいけど、問題はパケットの制限なんだよなぁ。動画などのリッチなコンテンツが増えまくっているのにパケット制限のせいで十分に楽しめていない現状。通信キャリアの努力に期待。

AR(拡張現実)対応。

iPhone Xのカメラは、iPhone 8シリーズ同様、AR(拡張現実)に対応。

iPhone XのAR(拡張現実)

iPhone 8シリーズも対応していることで、これからどんどんARを利用したアプリが増えてくるでしょう。

するぷ

ARアプリで最も有名なのがポケモンGO。ポケモンGOが、iPhone X、iPhone 8発売後からどのように進化していくのか大変見ものですね。

iPhone X!キミに決めた!

iPhone 8シリーズが持っている新機能はほぼ全て持っているiPhone X。やはり高額な分、歴代iPhoneシリーズで最強なのは間違い無いですね。

以前も書きましたが、やはりiPhone 8シリーズと同サイズながら、iPhone史上最も大きなディスプレイを持っているのは非常に魅力的ですね。

ディスプレイが大きいと動画やブラウジングはしやすいのですが、操作性がどうしてもスポイルされてしまうんですね。僕はPlusが大好きですが、やはり操作性を考えると顔が曇ってました。

しかし、iPhone Xは、操作性も快適な視認性を両立している初めてのiPhoneだと思っています。

いやはや買うとは決めてましたが、こうして振り返ってみると改めてiPhone X素晴らしいですね。iPhone X君に決めた!(ぉ

こんな記事も書いています。