iPhone XとiPhone8とiPhone 8Plus

まさかの3種ラインナップ。ついに、「iPhone X」と「iPhone8」と「iPhone 8Plus」が発表された。

事前に出ていた噂通りの内容だったが、「ワイヤレス充電機能」と「有機ELディスプレイによる全く新しいデザイン」と「顔認証・Face ID」はやはり惹かれるものがある。

iPhone XはiPhone X(テン)と読むだけあって、iPhone8以上の新機能を持っている。その分価格も高い。

iPhone8シリーズは、ぱっと見iPhone7とそれほど変わらないが、実は全身ガラス張りな仕様となっており、Xと同じくワイヤレス充電を備えている。当たり前だがXよりも安い。

新しいiPhoneを買うことは決めている人はいると思うが、一度に3つも出されると非常に悩ましいことだろう。自分もその一人だ。

そんなわけで、どっちがいいのか今年も全く俺判定で決めさせていただいた。この記事が参考の一つになればこれ幸い。

iPhone X - 最も大きい画面を持ちながらiPhone8に近いサイズが超魅力的。

iPhone Xの最も魅力的な点。それは、5.8インチという最も大きな画面を持ちながらiPhone8に近いサイズを実現している点だ。

やはり画面の大きさは正義だ。画面の大きさはそのまま作業効率に直結する。しかし、Plusは、その画面の大きさは快適な操作性をスポイルしていたのも事実だ。僕の手は割と大きい方だと思うが、それでも隅々まで手が届かない。たまに4.7インチを触るとその快適な操作性に羨ましさを感じていたのは正直なところ。

しかし、iPhone Xは「大きい画面を持ちながら、快適な操作性を兼ね備えている可能性が高い。」下の表を見て欲しい。iPhone XとiPhone8シリーズのサイズの違いを比較した表だ。

名前iPhone XiPhone8iPhone8 Plus
インチ5.84.75.5
幅 (mm)70.967.378.1
厚さ (mm)7.77.37.5
高さ (mm)143.6138.4158.4
重さ (g)174148202

なんと、iPhone Xは5.8インチというサイズながら、iPhone8と横幅は3mm、高さは5mmほどしか変わらないのだ。

これまで相反していた画面の大きさがもたらす作業効率と操作性の関係。

iPhone Xはその両方とも獲得しているなら悩むなんて必要はないのではないか。ちなみにPlusよりも28gも軽いのも注目だ。

iPhone8 - 実は優等生。3つの中で最も小さいサイズで価格も最も小さい。

iPhone Xが登場したことでiPhone8が目立たなくなってしまったのは仕方ない。

しかし、iPhone8シリーズは、Xにも搭載されているワイヤレス充電機能を備えているし、iPhone8はシングルレンズながらXと同じ1200万画素のカメラを備えているし、Xと同じく24fps/30fps/60fpsの4K動画も撮れる。

チップだってXと同じA11 Bionicを備えている。まぁ顔認証Face IDは無いが、従来の指紋認証Touch IDは搭載されている。もちろんフェリカだって使える。

こうして見るとそんなに悪く無い選択肢だとも言える。

そして、iPhone8は、3つの中で最も小さなボディを誇っている。重さもたった148gだ。

名前iPhone XiPhone8iPhone8 Plus
インチ5.84.75.5
幅 (mm)70.967.378.1
厚さ (mm)7.77.37.5
高さ (mm)143.6138.4158.4
重さ (g)174148202

さらに価格を見るとダメ押しされる人もいるだろう。↓↓

名前iPhone XiPhone8iPhone8 Plus
ストレージ64GB / 256GB
価格112,800円 / 129,800円78,800円 / 95,800円89,800円 / 106,800円

iPhone XとiPhone8の64GBの差額は3万4,000円だ。

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれだが、iPhone Xの機能を見てそれほど惹かれるものがないならば、iPhone8を選んでも悪くないだろう。

こうして見ると、iPhone8は実は優等生というのがわかる。

一見地味だが、新しい仕事を淡々とこなすことが出来、かつ、3つの中で最も小さいサイズで価格も最も小さいのがiPhone8の魅力だ。

iPhone8 Plus - iPhone8にプラス1万円でデュアルレンズが付いてくると思えば・・・。

これまでPlus推しだったが、今回のラインナップで一番中途半端になってしまったのがiPhone8 Plusだ。今回正直、Plusが他に比べて良いところがあまり見えないのだ。

しかし、iPhone Xと比較してしまうとアレだが、iPhone8と比較して見ると8Plusの魅力が少し垣間見える。

iPhone8 PlusとiPhone8の64GB版の価格差は11,000円だ。この11,000円を払うことでカメラがデュアルレンズと進化すると考えると少し美味しそうに思える。

画面の大きさが気になるだって?

デジカメを別に持ち歩いてカバンの中がかさばるくらいなら、iPhone8 Plus一個でスマホもデジカメの役割をこなせるならそっちの方がスマートじゃないか?

・・・。

すまない。やっぱり、こうして書いていてもiPhone Xの後光がチラついてしまう(笑)

俺判断!「iPhone X」と「iPhone8」と「iPhone8 Plus」どっちが買い?

完全な俺判断になるが、やはり「iPhone X」だ。

今回ようやく実現しそうな「大きな画面サイズと操作性の両立」の魅力には勝てない。

まぁ、価格は11万円からと高いのだが、iPhoneは日々使うモノだ。日々使うモノが良いものになれば確実に生活が便利になる。

椅子しかり、モニターしかり、パソコンしかり、日々使うものほどリターンのある投資先もない。そう考えればそんなに高いものでもないのではないか。(若干、自分に言い聞かせてる感は否めないがw)

最後に、それぞれのハンズオン模様がわかる動画を貼っておこう。

やっぱりXになっちゃうよ!(ぉ

こんな記事も書いています。