するぷ流iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法。

バッテリーの持ち時間は長ければ長い程良いものです。


ただ、気をつけないとあっという間にバッテリーは無くなってしまうのもiPhoneの弱点の一つ。んじゃどこを気をつければいいのか・・・!?


ってなわけで、今日はするぷが行っているiPhoneのバッテリー時間を延ばす方法を11個お教えしましょう!

1. プッシュ受信しない。

プッシュ

プッシュ受信は激しくバッテリーを消耗します。先日紹介したGmailのプッシュ受信の方法も、実はワタクシ利用しておりません(汗)


理由はもちろんバッテリーの消耗を招くのと、僕的にはiPhoneのメールアプリは使いにくいのと、Web版Gmailの使い勝手がよいからです。


iPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期もフェッチの1時間受信にした方がおすすめですね。

2. Googleマップアプリをなるべく使わない。

マップ

Googleマップはとても便利なのですが、かなりバッテリーを消耗します。ですので僕はあらかじめ目的地をお気に入りに登録したりして、なるべくアプリの使用時間を減らしています。


詳しいGoogleマップの使い方は、するぷ流iPhone版「Googleマップ&ストリートビュー」活用術。 | 和洋風◎をどうぞ。

3. 液晶のバックライトの明るさを絞る。

バックライト

液晶のバックライトの明るさをしぼる事で、かなりの節電が可能です。 もちろん絞りすぎても使いにくいですから、自分がギリギリ見やすい位置に絞ることが重要です。


今見ている明るさよりちょっと絞るだけでもバッテリーの持ちを実感すると思います。慣れるまで時間がちょっとかかりますが、バッテリーの持ちをよくしたいなら、今の明るさからちょっとずつ絞ってみましょう。


ちなみに液晶の明るさの設定は、「ホーム画面」-「設定アイコン」-「明るさ」から調節可能です。

4. 圏外、もしくは電波があまり無いところでは機内モードに。

飛行機

圏外や電波ががあまりないところでは、iPhoneが必死で電波を拾おうとするため、バッテリーの消耗が激しくなります。そういうところでは機内モードにしてしまいましょう。電源をオフっておくのも手です。


一番厄介なのが、電波があったりなかったりするところ。こちらもイライラしてSafariの更新ボタンとかを連打しがちで、なおさらバッテリーの減りが早くなったりしますので、繋がりにくいなら、いっそのこと切っちゃいましょう。


ちなみに、機内モードは「ホーム画面」-「設定アイコン」-「機内モードをオン」にすることで可能です。

5. 外出中は無線LANを切る。

Wi-Fi

在宅中や、マクドナルドでは無線LANを使うと高速で便利なのですが、外で無線LANをつけておくとやたら電波を拾うので、Safariでブラウジングとかしていると、パッパッ!と表示されまくってムカつく可能性大ですムカつかないためにも、外では無線LANは切っておきましょう!


方法としては、「ホーム画面」-「設定アイコン」-「Wi-Fi」-「Wi-Fiオフ」で可能です。


begejstring for DANMARKのNASHIKOさんに教えていただいたのですが、「ホーム画面」-「設定アイコン」-「Wi-Fi」で、「Wi-Fiをオン」にして、下にスクロールし、「接続を確認をオフ」にすることで、バッテリーが持ち、接続設定を施してない無線LANにて確認表示がされなくなるそうです! NASHIKOさんありがとうございます!


ちなみに、外でiPhoneを無線LAN接続したい場合は以下のエントリーが参考になるかと思います。


関連:パソコンを無線LANアクセスポイントにしてiPhoneをWi-Fi接続可能にできる「AirStation NFINITI WLI-UC-GN」 | 和洋風◎
関連:MacBook + イーモバイルを使って、野外でもiPhone & iPod touchをWi-Fi高速接続する方法。 | 僕がMacを使う理由。

6. Bluetoothを切る。

Bluetooth

まぁこれから将来BluetoothでiPhoneを同期出来ればいいのですが、まだ無理っぽそうなので、Bluetoothを使っていないならば、切っちゃた方がバッテリーの持ち時間は延びます。


ちなみに、「ホーム画面」-「設定アイコン」-「一般」-「Bluetooth」-「Bluetoothオフ」で可能です。

7. ゲームアプリをなるべく使わない。

Games

とくにCPUパワーを使う将棋アプリとかはバッテリーの減りが早い気がします。たとえ遊んでも、なるべくパッパと指しましょう・・・なぁ? おれ・・・orz

8. バッテリーをパーセント表示しておく。

100パーセント

iPhone 3GSから標準でバッテリーをパーセント表示することが可能になりました。 iPhone 3Gでも、パーセント表示してくれる「Battery Level」というアプリもあります。


バッテリーをパーセント表示することで、明確に後どれだけバッテリーが残っているか分かるようになるだけではなく、どんなことをすればバッテリーの減りが早くなるかも分かるようになってきます。


ってわけで自分のバッテリー節約術を編み出すためにも、バッテリーをパーセント表示したほうがいいと思いますぞ! (ぇ

9. 寒すぎるところ、暑すぎるところにiPhoneを置かない。

1050693_48811718.jpg

バッテリーは寒さにも暑さにも弱いです。 夏場の車内、冬場の車内などにiPhoneを放置しないように気をつけましょう。バッテリーが劣化してしまう恐れがあります。

10. なるべくApple純正品で充電する。

Dock

社外のiPhone充電器は数多く売られていますが、なるべく社外ものは使わない方がよいと思います。バッテリーの劣化を招く可能性があります。


とくにiPhoneのバッテリーは自分で確認できないため、パンパンに膨れ上がってしまっても確認がとれませんし、保証もなくなるかもしれません。 というわけで、なるべくApple純正品で充電するように心がけましょう。

11. iPhoneなんて使わない。

iPhone・・・。

これがもっともベター。アプリでばっか遊んでないで、たまには友人や彼女、彼氏の声に耳を傾けましょう


関連:iPodのバッテリーを長くもたす使い方。 賢い充電方法。 | 和洋風◎
関連:Apple、iPhone OS 3.1バッテリー減少問題をソフトやアンケートで本格調査中。 | 和洋風◎