5127792229 c016231dca

Photo by : p_a_h

普段はHyperMac(HyperJuice)を持ち歩いているおいら。いつもなら、iPhoneの電池が少なくなれば、すぐ様こいつで充電するわけですが、先日渋谷のある待ち合わせの場所へ移動中、ついHyperMacを忘れる&iPhoneの電池残り20%という危機的状況に立たされまして・・・。


待ち合わせの場所まで、iPhoneの電池が持つか持たないかの瀬戸際に立たされてしまい、ただでさえiPhoneのGoogleマップがないと、東京が樹海となってしまうおいらにとって、非常にやばい状態に。


やべーやべーと思っていたら、まだおいらには、一縷の望みがあることに気づきました。


iPhoneと共にいつも持ち歩いているMacBook Airです。


「こいつに挿せば充電できじゃん!」と一瞬歓喜したのですが、さすがに歩きながらMacBook Airを全開で、テクテクとオサレな渋谷の街を歩くわけにもいかない・・・。かといって閉じたままのMacBookに刺しても充電できない・・・。


ああ、どうっすかなーと orz になっていたら、ある方法を使えば、MacBookを閉じたままでも、iPhoneを充電することに気づいたのです! さてその方法とは!?

なんのことはない。一回開いてUSB刺して、再度閉じればいい。

1000002623

方法は驚くほどカンタンです。まずMacBookを開いた状態にしてiPhoneを繋げます。iPhoneが充電されてるのを確認してください。


1000002624
されていたら、MacBookを閉じます。すると、なんと閉じたままでもiPhoneが充電できているじゃないですか!


1000002625
YEAH!!


1000002627
あとは、MacBookをカバンにつっこんでおけば、充電しながら、渋谷の街をテクテク歩けるわけです。いやー助かった!!