MX4D

Photo by: ETC-USC

4DXとMX4D。

最近映画館でよく見かけるこの二つですが、一体その違いとはなんなんのでしょうか?

調べてみました。

4DXとMX4Dの違いとは?

まず、4DXとは何なのでしょうか?

4DXは、韓国CJグループ傘下のCJ 4DPLEX社が開発した映画館用の環境効果技術。映画上映時に、標準の映像・音声に合わせて座席稼働による重力、風、ミスト、火花、香料等を使用した環境効果を使用する。劇場自体に専用の技術装置の設置が必要。

引用元:4DX - Wikipedia

主に4DXは主に9種類のモーションがあると言われており、「シートが動く」「風」「水」「香り」「煙」「雨」「雷」「泡」で映像を演出します。

そして、MX4Dとは何なのでしょうか?

“MediaMation MX4D”とは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムです。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。

引用元:MX4Dついて教えてください。 | TOHOシネマズ よくあるお問い合わせ

MX4Dは、主に11種類のモーションがあると言われており、「首筋にぞくっとした感覚」「背中をつつく」「香り」「風」「水」「突き上げ」「風」「地ひびき」「足元に何かが触れるような感覚」「霧」「ストロボ」で映像を演出します。ちなみに、4DXと同じく「シートが動く」ので12種類とも言えますね。

となると、あれ?MX4Dの方が凄くね?

となりそうですが、場所によっては、4DXも9種類のモーションの他に雪や泡などが追加されているところもあるようです。(参考: MX4Dをららぽーと富士見で実際に体験してきました!気になる4DXとの違いは?? | シネマズ by 松竹

ちなみに映像は、4DXもMX4Dも通常の映画館サイズのもので、IMAXのように大きなものを使用していません。

4DXとMX4Dの感想。

さて。

僕は同じ映画を4DXとMX4Dでそれぞれ見てみたのですが、そこまで大きな違いは感じられませんでした。「MX4Dの方が若干演出が派手かな?」「MX4Dの方が自然かな?」「MX4Dの方が意味のないところで揺れはしないかな?」というくらいですね。

まぁ正直、4DXとMX4Dは無くてもいいと感じるものでした。 映画によっては邪魔にすらなりうると。

というのも映像に集中したいところで、変にシートが揺れたり、変な演出が入りったりするので、せっかく映画に没頭してたのに現実に帰ってしまうんですよ。なかなか集中できない。


ただ、映画が初めから終わりまで本人視点のままならとても面白いと思います。普通に見るよりも確実に没頭できることうけあいだいと思います。

もともと、映画をアトラクション化するというものなので致し方ないですけどね。

4DXとMX4Dも映画の料金が高くなったりするので見るときは、しっかり見極めた方が良いかと思います。(Twitterとかで、「映画名 4DX」「映画名 MX4D」とかで検索してみるのももいいかもしれませんね。)